香りの液体をエアロゾル化して吸引

20歳になると楽しめるものとしてタバコがあります。タバコの葉を紙で巻いたものに火を付け、その煙を吸うと香りやニコチン成分などを体内に取り込める仕組みです。ただ煙の中に色々な有害物質が含まれていて健康上は良くないと言われています。電子タバコはタバコと言われていますが、仕組みなどが大きく異なるので理解しておいた方がいいかも知れません。まずタバコの葉を使うわけではなく、人工的に作られたリキッドと呼ばれる液体が使われます。日本製ではニコチン入りのものは販売されていないので、ニコチン成分の取り込みはできません。液体を加熱すると香り成分の水蒸気が発生しそれを吸引して香りを楽しみます。煙ではないのでタバコのような有害物質は発生しません。

色々な部品で構成されている

タバコといえば紙製で、一般的には白いものが多いかもしれません。電子タバコと言われる嗜好品があり、禁煙をしようとする人やタバコが苦手な人が楽しんだりもしているようです。見た目は煙草と大きく異なり、本体は金属等でできています。タバコのように一本一本吸うのではなく、本体にリキッドを補充すれば同じ器具を使いながら楽しめられます。リキッドを加熱してエアロゾル化しますが、加熱をするときに電気が必要でそのためのバッテリーが内蔵されています。定期的に充電をしておけばバッテリーが足りなくて利用できないなどは起こらないでしょう。一部消耗品の部品もありますが、日常的には補充のためのリキッド代金だけで済むのでタバコよりリーズナブルです。

加熱式タバコを吸っている人も多いですが、vapeは香料を含んだリキッドを吸い、ほとんど臭いを出さない電子タバコです。